還暦からの資産運用

リスクを抑えて効率的な運用をリアルタイムで公開

2/16現在のポートフォリオ

先週の米国株式相場は、急落した場面はあったものの概ね堅調な展開となりました。13日に発表のCPIが市場予想を上回り早期利下げの期待が後退したことで、10年金利が4.3%台まで急騰し株式は急落しましたが、翌日には反発し、週末は3連休を控える中でPPIが市場予想を上回ったものの影響は限定的でした。週間でNasdaqとNasdaq100は1%を超える下落となりましたが、ダウとS&Pは小幅な下落にとどまり、Russel2000は1.08%の上昇となりました。

一方日本市場では日経平均が史上最高値まで50円ほどに迫る上昇をみせました。週間で日経平均は4.31%、TOPIXは2.61%と大きな上昇となりました。為替のドル高が進行したことや、ソフトバンク保有するARMや東京エレクトロンなどの好決算を受け半導体主導で日経平均を押し上げました。週末には銀行株などへの物色拡大がみられ、先高観が続いています。

ポートフォリオは前週比+0.8%とプラスを維持し年初からは+7.6%となっています。

年明け以降良好な相場環境が続いていますが、日米とも決算発表は好調に進んでおりバリュエーション面での割高感は小さく引き続き堅調な展開が予想されます。ポートフォリオの株式エクスポージャーは相場の反転可能性が出るまでは現比率を維持していきます。ただ、今週はエヌビディアの決算を控え、一度大きな材料出尽くしとなることも想定には入れておきたい。

2/9現在のポートフォリオ

先週の株式市場は日米とも高値を更新する展開となりました。米S&P500は節目の5,000を超え史上最高値を更新した他、Nasdaqも16,000をタッチし史上最高値まで1%ほどとなっています。日本市場も日経平均は+2.60%となりバブル後最高値更新となりました。日米とも好決算を発表したハイテク企業が牽引する形で高値を更新しており現在の株式投資環境は良好です。

一方で米国長期金利の上昇が止まりません。1月のFOMCで早期の利下げ期待が後退してから米10年債券金利は40bp近く上昇し4.2%手前まで上昇しています。市場の利下げ期待は、12月まで4回と以前の年内5-6回から既に過熱感はなくなっています。長期金利の上昇は、現在は2.5%と言われている米国の潜在成長率がどこまで上昇するのかをFOMCメンバー含め確信が持てなくなっているためかもしれません。チャート上は4.2%で止まらないと4.6%まで目途がなくそこまでの上昇となれば株価への影響も心配です。

ポートフォリオは年初来+6.6%と順調です。株式市場はファンダメンタルズの裏付けがある上昇をしていますが、金利の動向を注視しつつ慎重に対応したいと思います。

2/2現在のポートフォリオ

2/2週のマーケットは日米とも堅調な展開となりました。米市場はダウ、Nasdaq、S&P500が史上最高値を更新し、Nasdaq100も含めいずれも1%以上の上昇となりました。ただ、前週に5週ぶりにプラスとなったRussel2000は▲0.87%と反落し、フィラデルフィア半導体指数は▲0.12%と2週続落しました。一方日本市場は高値圏での硬直ながら週末にかけて強い動きとなり、日経平均は+1.14%、TOPIXは+1.68%となりました。

注目の米国FOMCでは予想通り4会合連続での政策金利据え置きとなりサプライズはありませんでしたが、パウエル議長が会見で3月の利下げを強く否定したことから株式は大きく下落しました。しかし同時に明確に金融政策のピークアウトを示唆する発言もあり、10年金利が急低下し翌日には株式も急反発しました。週末の雇用統計では、就業者数が予想の倍近く増加し金利は急上昇しましたが、Metaなどの好決算を背景にハイテク中心に上昇し週末高値で越週しました。

日米とも現状の景況感の下で株式は上昇波動にあると思われ、決算発表が山場を迎える中株式エクスポージャーは維持します。決算発表後、好決算企業の増加とともに市場全体の上昇を期待しています。

そんな中で今週はあおぞら銀行の下期無配転落の発表がありました。当該銘柄は非保有ですが、株式個別銘柄のリスク管理の難しさを改めて考えさせられました。個別銘柄投資は、長期保有前提で分散を行い、投資開始時のストーリーが崩れない限りは保有し続けることとしていますが、投資後のフォローの重要性を改めて感じました。最低限保有銘柄については適時開示などの発表資料は速やかに確認していますが、事前に何か判断できるかというと限界を感じています。イベント発生時のネガティブインパクトがポートフォリオに致命的とならないよう回避行動の頭の体操は行っておきたいと痛感しました。

1/26現在のポートフォリオ

先週の米国市場は堅調な推移となりました。ダウは+0.65%、Nasdaqは+0.94%、S&P500は+1.06%となり3週連続で上昇しましたが、フィラデルフィア半導体指数は▲0.77%と3週ぶりの反落となりました。一方、日本市場は急激な上昇の反動で反落となりました。日経平均は▲0.59%、TOPIXは▲0.49%とTOPIXは5週間ぶりの下落となりました。ポートフォリオは+0.30%となり過去最高水準を維持しています。

米国市場ではQ4決算を25%の企業が発表し、予想を上回る発表を行った企業数は69%となり過去平均を5年の74%、10年の79%を下回っているようです。情報通信や公益など11業種中7業種では昨年比増益となっていますが、エネルギー、素材、ヘルスケア、金融の4業種では減益となりました。今後もハイテク主導の株価上昇が継続できるかは大本命のNvidia発表の2/21にかかっていると思われますが、ダウやS&P500が最高値を更新し物色銘柄に拡がりが出ていることは米国株の支援材料だと思います。

日本市場では、年初から大型主力株中心に急激な上昇となっており海外投資家の買いに対して個人投資家が売り向かうという構図と伝えられていましたが、徐々に個人の資金が中小型株へ流入し始めている可能性がありそうです。

今週はFOMCがあり、決算発表ではAAPLやMSFTといった大型ハイテク株が続く中、米国市場のソフトランディングへの期待が続くうちは株式エクスポージャーを維持し続けます。

1/19日現在のポートフォリオ

先週のマーケットは日米とも力強い動きとなりました。米国市場はSOX指数が+7.98%となり、ハイテクの比重の高いNasdaq、Nasdaq100がともに2%を超える上昇。S&P500は2年ぶりの最高値更新となりました。日経平均半導体関連が大きく値を上げ、保有株ではアドバンテストが+14.5%、東京精密が+9.2%となりポートフォリオ全体は+1.4%、年初来で+4%超の水準となっています。

米国では金融政策の緩和方向への転換の可能性が高まり、日本では30年ぶりのデフレ脱却が現実化しつつあることから、日米ともに中長期的に株式市場は強い先高観が支配しています。

ただ、バリュエーションの面では割高感もあり、特に米国株式はMag7の成長に過度の期待がかかっており継続的な上昇のためには裾野の拡がり、金融環境の改善によるラッセル2000など小型株の回復が必須と思われます。日本株についても短期的な過熱感は拭えず米国市場の調整につられる可能性はありそうです。

ポートフォリオでは、現状の株式エクスポージャーは維持しつつ個別銘柄の入れ替えを行っていく予定です。

1/12現在のポートフォリオ

1/12週の株式市場は、日経225が前週比+6.59%、TOPIXが+4.21%と日本市場が想定外の上昇を見せました。日経225は、日本3連休明けの1/9に半年ぶりに引け値での高値を更新すると、1/11には34年ぶりに35,000円台を回復しました。SQに伴う需給要因もあったものの、日本企業の構造改革への期待が高まり、持たざるリスクを意識した動きも見られたようです。

米国市場は、週初にQT減速の憶測が高まったことや、CPIは予想を上回ったもののインフレ鎮静化の見通しが強まったことで、10年金利が低下に向かい、ダウは前週比+0.34%、S&P500が+1.82%、Nasdが+3.09%、Nasdaq100が+3.23%とハイテク中心に底堅い展開となりました。

ポートフォリオは+2.2%となっています。

米国株式は依然割高感が強く4Q決算でのEPS成長率の上昇が今後の上昇には必要と思われますが、急上昇し上値期待感が非常に強い日本株式についても、日経平均全体のPERは概ね天井圏の水準である15.6倍となっており、このまま36,000円台を買い進むためにはEPSの増益基調加速が必須となります。日米ともこれから本格化する決算発表を慎重に見ながら銘柄を厳選していく必要がありそうです。

2024年は申し分のないスタートとなっていますが、やや想定よりも早いスピードで動き始めている印象があります。年後半の米大統領選挙や日本の政局を見据え、夏場あたりまでは今のポジションを維持するつもりでしたが、早めにアセットアロケーションの見直しも必要となるかもしれません。

1/5現在のポートフォリオ

2024年最初の週の株式市場は下落の週となりました。ダウは▲0.59%と小幅な下落でしたが、Nasdaq、Nasdaq100はいずれも3%を超える下げとなりました。年末までの金利急低下による9連騰の巻き返しとも思われますが、週末に発表された雇用統計で早期の利下げ期待はやや後退しており今後の経済指標やFED高官発言が注視されます。

米国の長期金利は12/28に3.79%を付けた後反転し、4.05%まで上昇しています。FRBが最後の利上げを行った7/26時点の10年金利3.86%だったことから早期利下げ期待だけでの10年金利低下は一服かもしれません。このままS&P500とNasdaqが最高値を目指せるかはこれから本格化する4Q決算でのEPS上昇が必須となります。

一方、日本株式は2営業日の取引でしたが、銀行や高配当株式などが急伸し、日経平均こそ小幅マイナスでしたが、TOPIXは+1.5%としっかりとした展開となりました。新年から開始のNISAの影響との声も聞かれました。個人の買い意欲は強いようです。

ポートフォリオでは、年末に税控除目的で売却したTMFの資金を使い、NISA成長枠でEDVとQQQMの購入を相場状況を見ながら行っていくほか、EPIとGLDMを買い増す予定です。日本株式については、引き続き高配当銘柄を中心に主力銘柄を買い進めていく予定です。